ゲームプログラマーになるために最適なオンライン学習塾はどこか?

先日、元学生だから言えるが、ゲームの専門学校に通うべきではない という記事を書いたところ、Twitterで4000回以上拡散されるなど、かなりの反響を得た。
要約すると、「専門学校もオンライン学習塾も、どちらも質が大差ない。ならば安上がりなオンライン学習塾で試してみるのがリスクが低い」という話だ。

 

その主張に賛否はあるものの、「ならば、どんなオンライン塾がおすすめなのか」という質問が一定数あったため、いくつか紹介したい。
先に言っておくと、かなり丁寧に紹介しているため、記事が長い。
真剣にゲームプログラマーになりたい人だけ読んでほしい。

業界経験のある目線から語るので、あまり甘やかしたことも言わない。そこは、ご了承願いたい。

 

※塾のカリキュラムは変化することがある。公式サイトも併せて載せておくので、気になる塾があった場合は一度確認しておくことをおすすめする。

 

 

 

テックアカデミー

 

○コース一覧
・Webアプリケーション
・PHP/Laravel
・フロントエンド
・WordPress
・iPhoneアプリ
・Androidアプリ
・Unity
・Webデザイン
・UI/UXデザイン
・Webディレクション
・Webマーケティング

最大のメリットは、オンライン完結型の学習塾であるということ。
直接足を運ぶ必要がないため、勉強のハードルが格段に下がる。

欠点は、オンラインで完結しているが故に、直に教師に話しかけて質問することができないということだ。
ここは人によって長所にも短所にもなるだろう。

更に、ゲームプログラミング向けのコースが少ないのも気になるところ。

……とはいえ、Unity1つをマスターするだけでも、採用してくれる会社は確実に存在する。
現に僕は、Unityが使えるという武器だけで、2社目で内定を取れた。

 

元学生だから言えるが、ゲームの専門学校に通うべきではない の記事でも紹介したが、ゲームプログラマーに憧れて入学する専門学生の9割は、最終的にIT業界へ転職する。
それは学生の質の低さもあるが、それだけゲームプログラミングが難しいことも表している。

将来を考えて潰しが利く勉強がしたいなら、コースが豊富なこの学校は有力な候補だ。
受け放題コースやセット割も存在するため、詳しく知りたい人は公式サイトでチェックしてみよう。

 

無料体験も存在するので、まずはここでオンライン学習塾がどんなものかも含めて、確認してみるのも悪くない。
なんせ、タダならリスクは0なのだから。

 

 

テックアカデミー 公式サイト

 

 

 

 

TECH::CAMP

 

○コース一覧
・Webサービス
・Unity3D、VR
・デザイン
・AI
・iPhoneアプリ開発

 

こちらはテックアカデミーと反対に、教室とオンラインで選べる学習塾だ。
特筆すべきは3D・VRゲーム開発を学べる点で、学習塾でここまで踏み込んでいるものは珍しい。

 

コース数こそ少ないが、その分1つのコースの内容が濃い。
保証制度があるエンジニアの就職・転職を目指せる「TECH::EXPERT」というコースもあり、恐らく僕が知る学習塾の中では最もリッチで規模が大きい。

 

欠点は、先述のテックアカデミー同様、ゲームを学ぶのにUnityコースしか無い点。
また「オリジナルサービス開発」など、なにやら曖昧なコースも存在するため、何を学びたいのかしっかり決めてから学習に望まないと、金を無駄にしかねない。

 

個人的には、教師を質問攻めにしながらVR開発ができる点が最大のメリットだと思う。
VRに関しては業界でも未だ発展途上にあり、Google検索や書籍だけで独学をするのは困難を極めるためだ。

ここも無料の説明会を開いているので、まずはそこで判断するといいだろう。

 

 

TECH::CAMP 公式サイト

 

 

 

 

侍エンジニア塾

 

コース一覧
・フルオーダーメイドカリキュラム
・アプリ
・Webサービス
・ゲーム(C++ / Unity C#)
・機械学習

 

ここの魅力は、教師とマンツーマンで学べる点だ(オンラインか対面かを選べる)。
これは専門学校にも無い、唯一無二にしてかなり強力なメリットである。

また、最初にカウンセリングを受け、フルオーダーメイドでカリキュラムを組んでくれる。
総じて、大手の専門学校ではできない、個々の生徒に目を向けた専門性のある学習がウリだ。

 

欠点は、その教師を独り占めするだけあり、授業料が他の塾よりも高めだ。
それでも専門学校に行くよりは格段に安いのだが、ここばかりは財布と相談することになるだろう。

 

少し難しい話になるのだが、個人的にはC++が学習項目に入っている点が注目に値する。
どういうことなのかと言うと、今まで紹介してきた他の学習塾はUnityでの学習を前提にしており、その場合の言語はC#だ。

だが、PS4などの実機で動くゲームはC++で組まれており、この言語は独学での習熟が非常に難しい。
もしこの言語を入念に教えてくれるのであれば、Unityに左右されないゲームプログラマーとして、大手も狙えるほどの技術が身につく。

もちろん、UnityでもPS4のゲームは作れる。
だが、C++が習得できているとより深い部分まで作れるようになり、プログラマーとしての価値は飛躍的に高まる。
それだけ、独学での習得が困難な言語なのだ。

 

より高度で大規模なゲーム開発を目指すのであれば、ここを選ぶのも手だ。
例によって、ここも無料レッスンを開催している。人気なのか、やや混雑しているようだが……。

 

 

侍エンジニア塾 公式サイト

 

 

 

以上、3つを紹介した。
どの学習塾も無料で体験ができるので、気になった塾を下見してから検討するといいだろう。

 

最後に、筆者から少し補足させていただく。

僕はゲームの専門学校に4年通い、悪夢のような授業を経験してきた(詳細は、元学生だから言えるが、ゲームの専門学校に通うべきではない の記事にて語っている)。

就職できないわけではない。僕もできた。だがそのためには、劣悪な環境でもなんとか吸収してやろうという、尋常ではないエネルギー、反骨精神が必要だ。
「自分は何としてでもゲームプログラマーになるんだ。鬱陶しいと思われようが質問攻めにしてやる」と、必死に食らいつく。
それがあったから、なんとか技術をモノにできた(それでも、もっと学べたはずだと後悔もあるが……)

 

学習塾の名前で検索すれば、悪評が必ず出てくるはずだ。
だが、それは専門学校でも出てくる。どっちを選んでも同じことだ。

 

1つ勘違いしないでもらいたいのは、「悪評を信じるな、素晴らしい体験が待っている」という話ではない。
もしかしたら、その悪評は正しいかもしれない。

それでも食らいつき、技術を吸収してやろうというエネルギーが求められる。それは、専門学校でも学習塾でも、同じことと言うことだ。
思っているものとは違っていたとして、それを悪評としてネットに書き殴ってふて腐れたところで、ゲームプログラマにはなれない。なれなかった人が書いているのだろうが。

 

そこに通うだけでゲームプログラマになれるような、魔法の学校や塾は存在しない。

今のうちに言っておく。楽な道ではない。だが、必死になって勉強して得た技術は一生君の武器になるし、その武器でゲームを作るのは、本当に楽しい。
もし本気でゲームプログラマーを目指すのであれば、ぜひその楽しさを君にも味わってもらいたい。

この記事が、君の夢を手助けする一歩になることを願っている。

 

 

 

■テックアカデミー

・オンライン完結

・豊富なコース

 

 

■TECH::CAMP

・教室で学べる

・VRが学べる

 

侍エンジニア塾 公式サイト

・マンツーマンでのレッスン

・フルオーダーメイドのカリキュラム