滅却光線で全てを灰にする……GE2RB ブラストのおすすめバレット2つ

な、なんですかこれ、ラピュタの雷ですか。

これがブラストの力だ……。

はじめに

というわけで、GE2の頃からブラスト一点張りの厨プレイヤーである僕が、RB仕様でも通用するバレットを2つ紹介しよう。

見出しの通り、+99を乗り切ったバレットなので、これ2つがあれば大丈夫だ。

それじゃあさっそく、バレット紹介の要望が多かった、上記の動画の構成から載せていきます。

ペンタJGP 前方なぎ払い型

レシピ

ペンタJGP 前方なぎ払い型

解説

前方およそ120度ほどを、右から左へなぎ払う放射バレット。
まず間違いなく味方を巻き込むので、必ず識別を付けるように。

1~4の部分は、抗重力弾の恩恵を、一瞬にして最大限まで引き出す構成。
フクザツな角度で装飾レーザーが回転するが、このよく分からない動きで抗重力弾の効果を上乗せさせている。

この構成は「ペンタJGP」と呼ばれ、非常に有名かつ実用的なバレットだ。

威力もさることながら、エイムモードの視野内ならほぼ全域をなぎ払うほどの範囲も魅力的だ。

消費OPが高めなので、待ち時間のないメテオ感覚で使うことになるだろう。

強すぎなのでは?

まあ、動画で見てもらえば分かるように、明らかに強い。が、いくつか欠点もある。

  1. 火力がかなり不安定
  2. やや燃費が悪い
  3. 撃つ角度に気をつける必要がある

どういうことか、順番に解説していく。

火力がかなり不安定。

放射で横に巻き込むという構成上、ヒットした部位によってかなりダメージが変わってくる。 ブラストの特性とも言えるが、精密に狙うというよりは、力押しのバレットだ。

弱点の頭に当たれば10000超え、腕などに吸われると1000弱、なんてことがザラ。動画のシユウでも、脚に当たれば5桁だが、翼に吸われてしまうと大幅にダメージが低下してしまう。

安定性を犠牲にリーチを取ったバレットなので、精密射撃で狙った部位を正確に結合崩壊させたい場合には向いてない。

精密射撃には向いてない……GE2の頃のメテオにも言えた話だね。なるほど、だから待ち時間のないメテオ感覚なのか。

その代わり、ダメージの高さの割に着弾までが速いため、溜め込んでから連射すると、メテオを凌駕するほどのおぞましい火力を叩き出すぞ。

やや燃費が悪い。

画像の構成だと、消費OPはおよそ160。単体を相手に連射するには、少々割高だ。実質、トリガーハッピー前提のバレットと言えるだろう。

トリガーハッピー前提……本当にメテオ感覚だね。

ああ。バレットエディットの8番目で球を出しているが、これは自分への誤射で息切れを強制的に中断させるためだ。メテオの記事でも紹介した、速射機構だな。

節約も併用すると、消費OPは60ほどになり、かなりコンスタントに撃てるようになる。ブラッドレイジの暴走率によっては、撃ち放題だな。

上下の角度を変えて撃つと、威力が減衰する。

ペンタJGPの計算に狂いが出るため、エイムモード時に上や下を狙って撃つと、威力が下がってしまう。上の方の部位を狙いたい場合は、ジャンプ撃ちするといい。

以上、ペンタJGP 前方なぎ払い型の紹介でした。ほぼ全てのアラガミは、これで事足りるはずだ。

捕喰オラクル吸収量UP、オラクル吸収量UPなどのスキルを駆使して、効率的にオラクルを貯めることができれば、爽快感バツグンだね。

スポンサードサーチ

内臓破壊弾

レシピ

内臓破壊弾

解説

狙った部位に貼りついて、6回にわたりダメージを与える。広範囲をなぎ払う先ほどのバレットとは対照的に、1体のアラガミの特定部位を集中攻撃するバレットだ。

このバレット自体は古くからあるもので、特にGE2の頃は充填により高火力を叩き出せたのだが、メテオ対策のために充填が大幅に弱体化したため、以前ほど猛威を振るうことはなくなった。

それでも、弱点部位に当たりさえすれば執拗に攻撃を続けるので、バレット名のごとく結合崩壊させたい部位に当てることができれば、十分実用的なバレットだ。

先ほどのペンタJGPの場合、他の部位に吸われてダメージが下がることがある。ハンニバル系・ヴァジュラ系・コンゴウ系ではそれが顕著だ。

ペンタJGPでは部位が吸われる場合に、切り替えて妥協するのが主な使い道になるだろう。特にブラッドレイジ中は、悠長に考えている暇も無いからな。

なるほど、ペンタJGPだけでは不安定だから、もしもの時の保険ってことね。

まとめ

というわけで、2つしか紹介できなかったのだが、実質これら2つだけでサバイバル+99まで乗りきれてしまったのも事実。

僕はこの2つしか使ってない。 もちろん、各属性ごとに4種類ずつ持っているけどな。

あー、そうか……。属性ごとに用意しなきゃいけないんだもんね。編集が面倒くさい……。

んっ? バレットを複製して編集画面を開き、△ボタンを長押ししながら全体を選択すれば、属性だけを一気に変更できるぞ? 

まさか、今まで手動で1つずつ変えていたんじゃ……。

………………ま、まさか! そんなわけないでしょ!

記事をシェアする