『GOD EATER 3』ネタバレ無しの評価と感想。これから買おうか悩んでいる人へ

どうも、個人ゲーム開発者のゆみねこです。

GE3をクリアしたので、率直な感想を述べていこうと思います。
これから買おうか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

  • 筆者は全シリーズ経験者
  • シリーズ経験者向けの解説も挟むが、基本は今回が初めての人にも分かるように書く
  • ネタバレ無し

一言で評価を下しにくい、複雑な気持ちになるゲーム

先に結論から書くと、ゴッドイーター3は面白いです。

言いたいことは山ほどあるけど、総括した結論としては「面白い」という感想でした。
ただし、手放しで称賛できるほど単純なものではなく、様々な感情がうず巻いた上での結論であることを、先に述べておきます。

詳しいことは後述します。

戦闘

エフェクトは派手だが視認性に難あり

今回新たに導入された「バーストアーツ」。
地上・空中・ステップが、装備した別の技に変化するシステムです。
このバーストアーツのエフェクトが、超派手です。

加えて、今回はアラガミの攻撃エフェクトも超派手。
派手すぎて、もはや何が起きているか分からないなんてザラ。

GE2にも言えた話でしたが、今回はそれを凌駕するほどのカオスっぷり。
よくいえばド派手だし、悪くいえば目障りです。

敵の攻撃に慎重に対応するアクションを期待しているのなら、残念ながらそうはなりません。

結合崩壊(部位破壊)のエフェクト。今まではそぼろのような肉片がポロッと出るだけだったが、今回は画面が割れんばかりの喧しさで報せてくれる。

最初は華やかなエフェクトに見とれることでしょう。
が、ギリギリの戦いを強いられる後半になるほど、この過剰なエフェクトがストレスになってきます。

当たり判定が見た目で分かりにくいものもあり、派手さをそこまで重視しない人にはマイナス点です。

アラガミは強く、プレイヤーは弱く

前作までと比較して、敵は強化されプレイヤーは弱体化しました。

新登場したアラガミは猛スピードでプレイヤーを追いかけ続けますし、モノによってはプレイヤーを捕喰してバースト化します。

バースト化したアラガミの脅威は尋常なものではなく、装備を整えても一撃で半分以上体力を持っていきます。

反面、プレイヤーは弱体化。
GE2やRBと比較し、スキルの種類や効果量が激減しました。
バーストは頻繁に切らすし、息切れも起こしやすく、バランスブレイカーと言われていたバレットエディットも大きな制約が加わりました。

正直、今回は真っ向から挑むと歴代シリーズの中でも1,2を争うくらいには難しいです。

強敵を撃破したトロフィーを獲得した際のスクリーンショット。左足の下で僕の操作キャラが床を舐めている様をバッチリ撮られた。

しかしながら、単なる弱体化で終わっていないのがポイント。
一つ一つの性能が弱まった代わりに、戦闘中の選択肢が増えました。

GE2では、装備できるブラッドアーツは一種類しかなく、故にどれを装備しようが、1つの技を延々とくり返すだけの単調な戦闘になりがちでした。

今回は地上・空中・ステップで3種類をセットでき、どのタイミングでどの技を当てていくのか、どんな技を装備して状況に備えるかを考える楽しみが用意されています。

GE2で猛威をふるったバレットも、大きな制約が課されることで、敵の属性や動きに合わせて銃種までを吟味して選ぶ楽しみができました。

要するに、GE3には、「これやっとけば安牌」が存在しないです。

どこで、どんな行動を取るかを、猛スピードな戦闘中にひっきりなしに選択を迫られる……。

今まで、スピードは速いものの作業感が非常に強かったゴッドイーターを、初めて「考えて行動してあっという間に戦闘が終わる」アクションへと成長させたと言えるでしょう。

今回、強敵も含めて一戦が非常に短いです。
10分かかるケースがほとんど見られません。
アラガミが強く・プレイヤーは弱くなったにも関わらず、です。

どんな状況でもゴリ押しできるものが無くなった代わりに、考えて効率的に戦えば瞬殺できるバランスになっています。

その最たる例が、先ほど簡単に書いた「アラガミのバースト化」。
シリーズ経験者でなくとも、プレイヤーが武器で敵に噛み付くことで「捕喰」を行ない、バーストという強化状態になることは知っている方も多いでしょう。

今回は、そのバーストを初めてアラガミがやってきます。

アラガミがプレイヤーに猛突進し(ガード不可)、攻撃を食らうとアラガミがバースト化。
攻撃方法が変化し、脅威的な火力に。
プレイヤーにとっては大ピンチです。

しかし、同時にアラガミには、バースト時のみ攻撃可能な「コア」が出現します。
このコアを攻撃できれば、あらゆる弱点部位を攻撃した時以上の凄まじいダメージを叩き出すことが可能です。

狂ったように暴れまわるアラガミを前に、どうやってそのコアを攻撃するか。
あるいは、安全を優先して距離を取るか。

どう戦うかは己の腕と相談というわけです。

大味すぎるいつもの戦闘

上げて落とすようで申し訳ないですが、戦闘にもある程度の不満があります。
先ほどのエフェクトの喧しさもそうですが、アラガミの攻撃が大雑把すぎるんです。

  • 見た目からは想像しにくい当たり判定
  • 理不尽で回避が困難な攻撃の数々
  • 信じられないほど劣悪なカメラワーク

納得できない被弾がとても多いです。
どれもが明確な欠点であり、考え方次第で長所になりうるようなものではありません。

特にカメラワークの悪さ。
昔ならいざ知れず、KONAMIのカメラの特許が切れたこのご時世に、ここまで劣悪なカメラワークなのはいかがなものかと思います。

敵が素早くなったこともあり、被弾する機会が前作より多いです。
油断していると、あっという間に床を舐めることになるでしょう。

ただ、前作も前作で、骨太なアクションとはおせじにも言い難かったです。
スキルを積んで強バレットを考案し、プレイスタイルよりも装備の強さでゴリ押しする戦闘で、敵の動きに明確に対処しようと思うとストレスが溜まるような戦闘でした。

参考記事

▲撃つだけで画面内の敵を燃やし尽くすバレット(動画あり)

そう考えると、今回も今までどおり、大雑把で雰囲気重視なゴッドイータの戦闘の系譜を継いでいます。
悪い意味で、ですが。

スポンサードサーチ

ストーリー

もはやツッコミどころのオンパレード

ではストーリーはどうかと言うと、「クオリティは概ねGE2 / RB相当」という評価を抱きました。

つまり、GE2 RBのストーリーを楽しめた人は今回も感動するだろうし、どうしてこうなったと頭を抱えた人は今回も同じ思いになるでしょう。

下手に語るとネタバレになるので説明が難しいのですが、今回は反戦が一つのテーマです。
各勢力が火花を散らす中、主人公たちがどういう決断を下すかという物語。非常にセンシティブで、扱い方次第で名作にも駄作にもなりうるテーマです。

そして、20代の折り返し地点を過ぎた身としては、あまりに稚拙と言う他なく、綺麗事のオンパレードに嫌気がさしてしまいました。
メインターゲット層であろう中高生相手ならまた違った感想かもしれませんが、他にも

  • 今まで以上に全く存在感がなく、NPCの決断にひたすら首を縦に振るイエスマンな主人公
  • 思わせぶりな登場をしつつ呆気なく退場する悪役たち
  • ツッコミどころ満載な、破綻だらけな設定の数々

と、ストーリー面の不満は枚挙にいとまがありません。

特に、「主人公がイエスマン」なのは今までシリーズを通してそうだったのですが、今回は「お前ならどうする?」「お前がやりたいことをやれ」というメッセージを何度も訴えかけてくるストーリーなので、噛み合いません。

物語では何度も「自分でやりたい道を選ぶ大切さ」を説くくせに、画面の向こうのプレイヤーの意志はガン無視で、ひたすら他人の決断に笑顔でうなずいてパシリを繰り返すだけです。

このフラストレーションは、物語が進めば進むほど悪化の一途をたどります。
最終的に「え、これで終わりなの?」と言いたくなるような肩透かし感で幕切れに。

従来のようにバーストありきな尻切れトンボ感は無いものの、総じて「パシリにひたすら付き合うだけの指示待ち主人公と、道徳の教科書を音読したような綺麗事しか言えない仲間たちの茶番劇」以上の感想が出てきません。

全てにおいて薄っぺらく、幼稚で、甘ったれていて、説得力がありません。
破綻した設定の数々が、それを後押しします。
酷な言い方ですが、物語においては評価できるポイントが全くありません。

もちろん、これは主観的な感想です。
見る者によって、評価は変わるということをご了承ください。

総評

戦闘面は面白さが増したがトレードオフ。ストーリーは前作同様、糞の塊

戦闘面は、脳死で気持ちよくなる甘えた刺激がなくなった代わりに、強敵に立ち向かう臨場感と、それをぶちのめす快感が今まで以上に濃厚な体験となって味わえるようになりました。
ここは賛否両論ですが、より歯ごたえのある戦闘を求めるプレイヤーにはプラスに映るはず。

反面、ストーリーは相変わらず小学生のままごとレベルの茶番劇。
PS4に展開したのだし、旧作ファンを考えると年齢層は広がっています。
こちらはもう少し……せめて、初代GEとGEBレベルには煮詰めたストーリーにしてもらいたいものです。

結論として、強敵と戦う興奮を得る戦闘を求めるなら買いで、ストーリーに浸りながらゆったりと楽しみたい人にはおすすめできないゲームでした。

記事をシェアする