【GE2・RB】速射機構メテオのレシピを紹介。サバイバル+99を乗り切ろう!

【GE2】サバイバル+99を攻略! おすすめ装備を紹介」の記事で、トリガーハッピーで息切れをしないメテオの話をした。今回は、「速射機構」と呼ばれる小ネタを搭載したメテオを紹介しよう。

また、メテオを撃つ際に注意したい小ネタを徹底的にまとめた。メテオ厨は必見だ!

※注意!

アップデートである程度修正されたものの、それでもメテオは、ゲームバランスを大きく変えてしまう強力なバレットです。ご利用は計画的に。
特に、他人とのマルチプレイにおいては、味方まで巻き込んでしまうため嫌う人もいます。オンラインで使うなら、識別効果をつける配慮を忘れずに。

速射機構メテオの紹介

レシピ

上空に撃ち上げるための装飾弾を湾曲にし、自分に向けて曲線を描くような軌道にしてある。これにより、トリガーハッピーで息切れが起きても、8番の球が自分に当たり、誤射の際の仰け反りが発生して息切れをキャンセルできる。

撃ち上げ直後のスクリーンショット。銃口とは逆の方向へ弧を描くように撃ち上がる。と同時に、ちょうど自分のいる位置に球を発生させる。
プレビューでは誤射判定がないので何も起きないが、実際は自分に当たり、球はすぐに消える。

レシピを見れば分かるように、生存時間が極長の制御球を2つ出してあるので、発射から着弾まではおよそ1分間ある。

もし長いと感じるなら、3番の球を削除すれば30秒になるけど、当然威力は落ちるので、そこは各自お好きな方をどうぞ。

メテオを撃つ際の注意

アップデートで、1分以上の充填は無意味になった。つまり、1分間の充填が最高火力になる。極長2つ分だ。

つまり、あのレシピが現時点では単発威力が最も高いメテオで、更にはトリガーハッピーによる息切れ対策もできているため、これ以上は最適化が難しい。

それと、もう1つ。同時に存在できる制御球はステージ内に6個まで。OPを貯めて一度に何発も仕込む人は多いと思うが、7発目を撃つと古いものから消えてしまう。

特にオンラインだと相殺合戦になってしまうので、注意が必要だ。

制御球を用いたバレットは、メテオ以外にも存在する(内臓破壊弾など)。さらに言うと、一部のアラガミバレットでも消えてしまうことがある。

体感的に、メテオを撃つ人数は、多くて2人で十分。それ以上は、お互いに打ち消し合ってしまうので、事前に1人あたりの発射数を確認しておくことをおすすめする。

最後にもうひとつ。速射機構メテオは、その特性上、自分の後ろに弧を描きながら撃ち上がる。そのため、自分の背中に壁や障害物があると、上手く撃ち上がらない

撃つ際は、背後に十分なスペースがあることを確認しよう。1分間待ったのに、何も落ちてこない……なんて悲しすぎるからな。

まとめ

「使いにくくね?」ってのが正直な感想だと思う。修正の煽りをモロに受けたというか、メテオのための修正だったから。

打ち上げにさえ成功すれば、自分の状態とはお構いなしに大ダメージが保証されていることが、メテオの強みだ。 逆に言うと、そこまで切羽詰まっていないなら、他のバレットのほうが効率がいい。

個人的には、サバイバル+99でもない限り、下で紹介している滅却光線のほうが使い勝手がいい。火力は落ちるけど、即座に広範囲に大ダメージを叩き出すので、ストーリークリアならこれ一つで事足りるほどだ。

当サイトでは他にもいくつかバレットを紹介しているので、いくつか試して自分に合ったものを選んでみてくれ。

記事をシェアする