【オーバーウォッチ】シルバー帯で地雷と呼ばれる人の特徴

地雷という言葉を耳にしたことがあるだろうか。
味方の足をひっぱる、迷惑なプレイヤーの蔑称だ。

腕前には個人差があるし、誰だってミスはする。それはしょうがない。
だが、知っていれば避けられる地雷行為もある。

トロールビョーン参上!

悪気なく地雷を踏みまくっているプレイヤーが一人でも減ってほしいと思い、批判を覚悟でここに地雷行動についてまとめていく。

なお、これはタイトルにもあるようにシルバー帯(SR1500~2000)のPS4版に限った話であり、プラチナやダイヤにおいては当てはまらない。

そういう人は、回れ右でそっ閉じしよう。
当たり前すぎて役に立たない。

筆者の実力

まず初めに、筆者の実力を。
書いた張本人がブロンズでは、話にならないからね。

一応これでも、毎回安定してプラチナ帯へ行ける程度の実力。
扱いが苦手なキャラもフランカーとスナイパーぐらいのもので、大抵のキャラは扱える。
脱シルバーぐらいなら朝飯前

別に自慢したいわけじゃない。
プラチナの端くれの意見として、脱シルバーを目指す上で参考にしていただければと思う。

少なくとも、以下に挙げることを意識すれば、実力に関係なくシルバー帯は確実に抜けられる。

ピックについて

ピックで勝敗の半分は決まる。
まずはここだけでも意識してみよう。

使いたいキャラを使う

「拙者、いついかなる時でもゲンジしか使わない侍と申す」

言うまでもないが、使いたいキャラを脳死で使うのは論外
「何を使おうが人の勝手」と言うならクイックプレイに行けばいいし、「実力次第ではこのキャラでもいける」というならなぜシルバー帯のままなのか。

ライバルプレイはより勝ちにフォーカスしたモードだと、開発者も明言している。
使いたいキャラを使えないのに楽しいのか? と思ったなら、もうライバルプレイに向いていない。

勝ちにこだわるために、キャラ選びから真剣に悩む人のためのモードだ。
なぜ試合中もキャラ変更ができるのか、もう一度よく考えてみよう。

チーム構成を考えていない

「クソピック」で検索して見つけた画像。なかなかにおぞましい。

現在最も安定するスタンダードな構成は、2タンク・2ヒーラー
(一時期、Goatsという3タンク・3ヒーラー構成が流行ったものの、今はなりをひそめている)

「いやいやテンプレが全てじゃない」と言ったあなたはもう地雷。
ボイスチャットで全員が意思疎通をとれるならまだしも、野良で勝手に変則的なピックをされると他の味方が困惑する。

一番よくあるのが、DPS3人の構成。
当たり前だが、6人中3人がDPSで埋まってしまうと、2タンク・2ヒーラーが成り立たない。

結果、ピックを理解している1人がDPSを取り下げたとする。
もしその人が、チームで一番DPSが得意だったとしたら?

無論、安直にDPSを選んだ人に責任がある。

今回はDPSでキルしたい気分~なんて安直な理由で構成を乱すのは、味方にとんでもない迷惑をかけるので絶対に避ける。
避けたくないなら、クイックプレイに戻ればいい。

逆にピックに固執しまくる

「オーバーウォッチやろうぜ、お前ハルトな!」 by ザリア

さっきの話と逆のことを言うが、いついかなる時でも基本構成にこだわるのも地雷だ。

例えば、2タンク・2ヒーラーに則り、ラインハルトとザリアという鉄板構成のタンクで出陣したとする。
いざ戦ってみれば、相手のトレーサーが猛威を振るっていたり、ファラが上空からボコボコ撃っていた……。

なんて場合、状況にもよるが、ハルザリ構成という基本にこだわっている人たちも、それはそれで地雷。
味方のDPSだけではトレーサーを抑えきれない場合は、DPSかタンクが思いきってブリギッテに変えるなどの変則的な対応も刺さる時がある。

先ほど地雷の説明の際にトールビョーンの画像を上げたが、実は彼の勝率は全キャラの中でも高めだ。

無論、トールビョーンが強キャラなのではない。
限定的なシチュエーションで適切にピックされた結果、刺さる使われ方が増えたために勝率が上がったと思われる。

「ワシを信じろ」

対戦相手は人間で、学習能力がある。
基本構成というのは、見ず知らずの味方と足並みを合わせるためのもので、それだけではいつか相手に対策されてしまうということを肝に銘じよう。

劣勢になったら基本構成に疑問を持つこと。
ハルザリ構成ならまず間違いないと言えるほど、オーバーウォッチは単純なゲームではない。

敵味方の構成や戦況を確認せず、人柱のつもりで脳死でハルトを選んでは文句を垂れていないか? ……といわれ、ギクリとした人は次から意識してみよう。

おすすめは、相手の誰が戦力の要かを観察して、そのキャラのカウンターをピックする戦い方。
シルバー帯で全員が連携をとっているケースは少ないので、 主戦力を1人崩してしまえば、流れに押されて試合が変わりやすい。

開幕から弱キャラ・テクニカルキャラを選ぶ

これも非常に多い。
具体的には以下のキャラ。

  • ウィドウメイカー
  • メイ
  • バスティオン
  • トールビョーン
  • ハンゾー
  • アナ
  • ジャンクラット
  • ソンブラ

過半数がディフェンス出身なのに闇を感じる。
もちろん、これらがゴミと言っているわけではなく、状況を選んで上手く使えば活躍できる。

が、「トールビョーンでも活躍できる!」「ウィドウも上手い人が使えば上手い」という指摘は的外れもいいところで、上手いならなそもそもシルバー帯にいない。
シルバーの腕前でテクニカルキャラを使っても、確実に相手の養分でしかない。
そんなことはダイヤ帯になってから言いましょう。

現在の主流は2タンク・2ヒーラーであることは先ほども述べたとおり。
残り2名が火力担当をすることになり、そこでウィドウでちまちま当たりもしない弾を撃っているうちに、味方ハルトは火力合戦に負けて盾が破れてしまう。
たまに運よくキルできると嬉しいかもしれないが、その分味方は大迷惑だ。

誤解を招かないために言っておくと、あくまで脱シルバーの話。
プロリーグではウィドウメイカーが活躍している。
シルバー帯は知り合いの試合を観察する機会があるが、サブ垢でもない限り一度たりとも活躍している場面を見たことがない。

キャラ選びの地雷行動をまとめると、

  • 使いたいキャラを使う
  • 2タンク 2ヒーラー構成を乱す
  • 基本構成に固執しまくる
  • 弱キャラやテクニカルキャラを選ぶ

これらを避ければ、キャラ選びの段階で地雷呼ばわりされることは無いはずだ。

スポンサードサーチ

試合中の行動について

役目を考えていない

撃ってないで回復しろ

そのキャラの役目、しっかり考えてますか? 考えてないなら地雷です。

DPSの仕事は火力
タンクの仕事はヘイト集め
ヒーラーの仕事は言うまでもない。
ちなみにキルは全員で狙いに行くものなので、DPSに押し付けすぎないようにしよう。

ブロンズ・シルバー帯で最も多いのは、ヒールをしないヒーラー。
100試合以上見てきたが、圧倒的にヒーラーに地雷が多かった。

オートエイムに甘えるイキリモイラが多い

他のロールにも言えた話で、盾を張らないラインハルト・お散歩マクリー・遠距離豆鉄砲D.Vaなど、キャラのパフォーマンスが全く生きず、自身のやりたいプレイと選択キャラ・ロールが一致していないプレイは地雷。
自分が何をすれば勝利に繋がるのか、今一度冷静になって考えよう。

Ultを無駄打ちする

減ってきたとはいえ、まだ見かける。
現在のレギュレーションでは、初期の頃と比べて大幅にUltゲージが溜まりにくくなっており、無駄遣いはかなり致命的。
焦ってミスしてしまうのは仕方ないが、分かっていれば避けられる無駄遣いは絶対に避けよう。

ここで言う無駄遣いとは、キルの成否などではなく、タイミングの話だ。

ほとんどのUltは、試合状況を一変させるほど強力な性能を誇っている。
裏を返すと、状況がひっくり返りそうな時に使うべきだ。

  • 目標地点が奪われそうな時。
  • ペイロードが目標地点に到達しそうな時。
  • オーバータイムに差し掛かった時

優位な状況が覆りそうな時か、相手の優位な状況が崩れそうな時に押しかけるのがUltだ。
こちらが有利な状況なのに、キルできそうなタイミングだからとリーパーで盆踊りしたり、自爆花火を無駄打ちするのはまず間違いなく地雷。

今溜まったからという理由だけで、思考停止でUltを打たないように。

具体的には、残り30秒。この、残り30秒のタイミングでUltを切らしていると相当不利。

攻撃側や非占領側は、最後のチャンスをUltに賭けて重ねがけで特攻しなくてはならないし、防衛側はそれを予想してカウンターUltで待ち構えなくてはならない。

オーバータイムが長引かない限り 、残り30秒の状態からUltを溜めきるのはほぼ不可能なので、ここでUltを温存できているかどうかで勝敗の行方はかなり変わる。

何事にも例外はあり、味方ハルトが死にそうだったのでやむなく心頭滅却をしたとか、相手ソルジャーのUltに合わせてサウンドバリアを張ったなどはOK。
だが、もし今まで何も考えず、自分の活躍だけを夢見て残り時間も気にせずUltを使っていたのなら、今すぐやめて試合運びを観察しよう。

残り30秒になれば、相手ザリアはサージでこちらを寄せ集めてくるし、ハルトはシャターを叩きつけるし、アナはナノブでドーピングを試みる。
マクリーの面影がなかったら、足音を気にしつつ上か背後を気にかければデッドアイを防げる。

ここを意識するだけで、勝率は見違えるほど変わりる。
残り30秒のアナウンスが流れてから逆転されたケースは、思い返してみると多いはずだ。

味方と足並みを合わせない

自信満々に裏回りをしたものの、誰もキルできずもたもたした挙句に無駄死に。
復帰したら味方を待たず単身で突っ込んでまた無駄死に。
防衛なのに1人前に出すぎて呆気なく無駄死に。
占領できたのにその場を遠く離れて案の定無駄死に。

絶対死ぬなと言っているわけではない。もちろん死なないのが理想だが。

この記事の主旨は「下手くそは来るな」ではない。
「自己中は来るな」だ。

たとえば、裏回りは相当にハイリスクな戦い方だ。
1人が裏を回っている以上、表で戦う味方は5人。
相手が6人でまとまっていた場合、この時点で劣勢になる。

味方の負担を増やすからには、何の収穫もなく帰ってくることは許されないし、死ぬなんてもってのほか。
そこまでやれる自信がないのなら、仲間と一緒に行動すべきだ。

他にも、復帰した味方を待たずに突っ込む人も非常に多い。

オーバーウォッチは人数差による戦力の開きがとても大きく、Ultで巻き返さない限り同じ実力同士の相手ではほぼ人数の多いほうが勝つ。
残り時間がわずかでもない限り、味方全員が揃うのを待って仕切り直そう。

試合中の地雷行動をまとめると、

  • 役目を考えていない
  • Ultを無駄打ちする
  • 味方と足並みを合わせない

特に、試合が有利なときほど、油断してこれらを軽視しがちだ。
最後まで気をゆるめないようにしよう。

まとめ

以上。他にも、キャラ別の対策を書いていくとこんなものでは済まない。
もし興味があるなら、別記事にまとめているので読んでみてほしい。

繰り返しになるが、下手くそを罵る記事ではない。
知らなかったのなら今日から直せばいい。

人によって上手い下手があるのは、チーム戦なら当然の話であり、その差をどう埋めて相手を打ち負かすかを全員が考えるゲームだ。

そこで独善的な行動を取られることがどれだけ迷惑か知るだけでも、大きく違ってくるはず。

失敗を恐れる必要はない。誰しもミスはするもの。
でも、自分勝手なことをされてチームが負けるのは迷惑なので、知らなかったのなら今後はやめてくださいって話でした。

人気記事

実際に4年間通ったぼくが、専門学校の闇を全て暴きます。

 

記事をシェアする